ケニア   

ケニア AA++ ボラグレディブニ
b0186569_21294712.jpg

いつもより30秒ほど浅煎り。

『アフリカの大地を思わせるガツンとした味』と、どこかに書いてあった。

おぉ、確かにその通りだ・・・、って思ってしまったんだけど・・・、

『お前はアフリカになんか一度も行ったことないだろ!』と、
思わず自分にツッコミをいれてしまう。



人の書いた文章に、自分の感覚は左右されている。
自分では何も経験していないのに、あたかも知っているかような錯覚をしている。

誰かが書いていたけど、
『どんなにすばらしい音楽評論を読んでも、それは音楽そのものを味わったのではなく、
単に文学の価値を味わっただけだ』と。

耳学問は、もうや~めた!
[PR]

by style-zero | 2010-09-01 21:44 | 珈琲 | Comments(6)

Commented by Imagine-Master at 2010-09-01 23:53 x
実際の事象よりも、それを表現した記号が広範に流通して、
いつのまにか主客が入れ替わってしまったのが、
近代以降の文明の大きな落とし穴ですね。

以前、「近代科学の終焉」 北沢方邦著に大きな感銘を受けました。
Commented by hiepapa at 2010-09-03 09:32 x
今回いつもより浅煎りなんですね^^美味しそうです~。

私は自分の焙煎した珈琲の感想を書く時、少なからず抵抗があります~。
客観的な感想を書くように気をつけようと思っていますが、やはり珈琲HPの影響を受けてたりするし、思い入れが入っていたりすることがあるからです。
でも産地をイメージしながら飲むのがまた楽しくもあるので・・・思い入れが入ってしまうなぁ、なんて思っていますw
Commented by style-zero at 2010-09-04 05:34
Imagine-Masterさん
宇宙の中のチリみたいな存在の僕が、
どう思おうがどうでもいいことだとは思いますが・・・、
フム~、なかなか難しい問題なのですねぇ、これは。
Commented by style-zero at 2010-09-04 05:48
hiepapaさん
いつもhiepapaさんのブログを拝見していますが、
写真や文章から、その珈琲の美味しさが十分に伝わってきます。
同時に、ご自分の独自の感覚や味覚をお持ちであること、
そして焙煎を楽しんでいらっしゃることがよくわかります。
僕もそうなれるように思っているのですが、なかなかねぇ・・・。
Commented by ip2005 at 2010-09-06 22:56
この残暑が残るこの9月、
深入りの少し酸味があるケニアは、がんばれる起爆剤になるのかなぁ?
Commented by style-zero at 2010-09-08 22:44
ip2005さん、
この台風が過ぎ去ったら、
ようやく秋の気配を感じることができるかもしれません。
そうなれば、焙煎モード全開、ようやくスランプを脱出できるかもしれませんね。

<< 古着Tシャツ  第7弾 このところ・・・ >>