手帳が好きになった理由    

b0186569_21482319.jpg

ほとんどマークが消えてますけど、

この写真を見て、何の手帳かわかる方はいらっしゃいますでしょうか?












答えは
『スカウト手帳』
b0186569_21523928.jpg


そう、ボーイスカウトが携帯する手帳です。
ボーイスカウトの創始者『ベーデン・パウエル』の写真 (バーデン・パウエル じゃないよ!)



今は知りませんが、当時は小学6年~中学3年までがボーイスカウトでした。
(ちなみに、小学5年まではカブスカウト、高校生はシニアスカウト、大学生はローバースカウト、といっていました。)




記録によれば、昭和46年~48年頃に使用していたようです。
b0186569_2156401.jpg

ボーイスカウトにも階級があり、

所定の課題をクリアしたら、隊長が日付と印鑑を押してくれ、

すべてパスすると昇級していたと記憶しています。




課題にはこんなものがありました。

手旗信号
b0186569_2232645.jpg


ロープの結び方
b0186569_2235710.jpg


地図の見方・火起こしなど
b0186569_2241929.jpg


高さの測り方 (きたない字の落書きあり)
b0186569_2295856.jpg





要するに、サバイバル術。


おかげで、この歳になってもどんな状況でも生きていける自信はあります。







これが、ボクが手帳好きになった原点だと思います。


思い出のいっぱい詰まった、一番大切な、一番古い手帳です・・・。
[PR]

by style-zero | 2012-01-06 22:06 | Comments(6)

Commented by Imagine-Master at 2012-01-07 05:22 x
すばらしい宝物ですね!
Commented by style-zero at 2012-01-07 10:59
どんな落書きも、100年経つと歴史を知る重要資料になるといいますが、まさにそんな感じでしょうか。
Commented by まさぶ at 2012-01-10 20:14 x
おお、なんだか懐かしい感じですね。私も欲しくなってきました(^^;
Commented by style-zero at 2012-01-10 21:50
長年保管するつもりではなく、たまたま実家の倉庫を整理してたら出てきたものですが、さすがに40年前となると懐かしいものです。
Commented by ボーイスカウトの者 at 2013-02-19 22:20 x
過去記事へのコメント、失礼いたします。
東京でボーイスカウト活動をしている森と申します。

スカウト手帳のカバーについて検索をしていて、辿り着かせて頂きました。
年季の入ったスカウト手帳、感銘を受けました。
スカウト手帳、現役のスカウトも使用しています。しかしながらこの外側のビニール様のカバーだけは、現在絶版になってしまっています。そこでご相談なのですが、同様のサイズの似たような色みのカバーを、現在も購入可能な場所をご存知でしょうか?もしくはオーダーメイド等で小ロットから注文できる店舗様をご存知でしょうか?
初めてのコメントで大変不躾に申し訳ありません。もしよろしければご意見伺いたく思います。
Commented by style-zero at 2013-02-20 20:55
ボーイスカウトの者さん、
コメントありがとうございます。スカウト手帳、その精神とともに脈々と引き継がれてたのですねぇ。懐かしい気持ちでいっぱいです!

さて外側のビニールカバーの件、
残念ながらその情報は持ち合わせておりません。
私も手帳好き故、本革などを使用したオンリーワンのものは作ったりしていますが、現役スカウトの方たちが使うようなビニール仕様のカバーについてはちょっとわかりません。
せっかく御縁があって知り合えたのに、お役にたてず申し訳ありません。

<< Teruさんという人 こんなものが・・・ >>