タグ:日々の暮らし ( 111 ) タグの人気記事   

いちじくジャム   


先日、松山市内の産直市で見つけました。

b0186569_14192469.jpg

工場で作られたような、

有名メーカーのいわゆる既製品のジャムは

スーパーなどでたくさん売られていますが、

手作りとなりますと、なかなか巡り会えません。




生産者の欄には『JAいちじく部会』とありました。

たぶんJAのパートのおばさんたちが

手作りしたものでしょう。

この時期しか味わえません。





幼い頃、家の裏庭に大きないちじくの木がありました。

何の手入れもしていないのに

この時期になるとたくさんの実をつけていました。

自然の恵みに感謝です。

その熟した実は

かなりの確率で野鳥の餌となっていましたが、

そのおこぼれを

我々人間が享受することができるのです。




食べても食べても、まだ余るほどの量が採れます。

そんな時は、

ばあちゃんがジャムを作ってくれました。

これが美味しかった!



いちじくの木の形といいますか、

どこの枝に足をかけて、

どの枝を握って・・・、

そんなことをすべて覚えています。

何十年も前のことなのに、

感触まではっきりと覚えています。


懐かしいなあ。











[PR]

by style-zero | 2017-10-11 15:00 | Comments(0)

台風18号   

b0186569_18350185.jpg

昨晩、台風18号が通り過ぎました。

被害のあった地域の方々、大丈夫でしょうか。

松山でも重信川の氾濫危険水位を超えたらしく

携帯電話から今まで聞いたことのない

けたたましい警報が発せられました。

(堤防が決壊しなくてほんとうに良かった!)




今日はとっても良い天気でした。


台風前は貯水率が50%を切りそうだった

松山の水源、石手川ダム。


雨のおかげで、
b0186569_18415500.jpg

あっという間に貯水率100%に回復しました。

これで取水制限も解除されるでしょう。



[PR]

by style-zero | 2017-09-18 18:34 | Comments(0)

黄泉路の母へ   


黄泉路の母へ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今頃は天国へ向かって歩いているのかな?

そちらの世界には

綺麗な花💐がいっぱい咲いているそうですね。



ずいぶん昔に亡くなった優しい両親には会えましたか?

きっと笑顔で迎えに来てくれているはず。

迷わないよう

しっかりとお父ちゃんお母ちゃんの手を握っておきなよ。



長い間お疲れさまでした。

育ててくれてありがとうな。



僕はもう少し旅を続けますが、

そちらへ行ったときは必ず迎えに来てよ。

そしてまた子供の頃のように

手を引いてください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


b0186569_17195147.jpg
びっくりするほど広大な敷地に、巨大な構築物。

自治体が運営する火葬場です。


昔の映画やドラマでは

〝煙の立ち上る煙突〟の画で人の死を表現していたけど、

今は煙突もなければ、煙も上がっていません。










[PR]

by style-zero | 2017-09-07 18:30 | 日々の暮らし | Comments(0)

新たな一年の始まり   

穏やかな一年の始まりでした。

今年も気負わずぼちぼちやっていきます。

b0186569_15253836.jpg


今日になって

ようやく初詣です。



[PR]

by style-zero | 2017-01-09 15:18 | Comments(2)

一番美味しいパン   

ついこの間もまた、テレビ番組で

松山市内のパン屋さん特集をやってました。


今なぜか、松山のTV局では

パン屋さん特集番組が大ブームです。



有名なパン屋さんは数あれど、

一番美味しいパンはコレ↓↓
b0186569_21385022.jpg

妻が作ったレーズンパン。

この自家製パンは、ひいき目抜きに

ホントのほんと、美味しいのです。


明日の朝が、タノシミ、タノシミ。



そう言えば、

本日焙煎した『ブラジル プレミアムショコラ』
b0186569_21385127.jpg


初めて焙煎した豆だけど・・・

今まで経験したことのないような

甘い甘い香りがしています。

ひょっとして一年に一度のホームランかも。


これも明日の朝が、タノシミ、タノシミ。









[PR]

by style-zero | 2016-11-02 21:24 | Comments(2)

何のお店かわかりますか? その3   

b0186569_20394600.jpg


このお店


正解は・・・、パン屋さんです。






b0186569_20394797.jpg


これは、『白あんパン』。

それはそれは、美味しい白あんが

いっぱい詰まっていますよ。


松山にお住まいの方しかわからないとは思いますが、

伊予鉄古町駅から徒歩3分のところにあります。

バン好きの僕のイチ押しです。



松山では今、ブームといいますか

どのTV局もパン屋さん特集の番組を

たくさん製作、放送しています。



たぶん視聴率が取れるんでしょうね。



そして、どのお店も取材してもらうため

いろいろ工夫しているようですが、



ここのお店は『我関せず』。

取材お断りなのか、一度も観たことありません。


そこがまたいいところですが。






[PR]

by style-zero | 2016-10-02 20:25 | Comments(0)

何のお店かわかりますか? その2   

b0186569_17465749.jpg



ヒント① ここのお店の名前は・・・、

僕も当分の間わかりませんでした。

とにかく、入口ドアにも、お店の中にも、商品のパッケージにも、

どこにも名前は描かれていません。


唯一、レシートの最後に記載がありました。

『穂の花』といいます。

(これも店名かどうか定かではありません。)



ヒント② 定休日は、日、月、祭日、(だと思います)

それ以外にも、夏休みとかゴールデンウィークとか、
1、2週間の休みあり(正月も)。


ヒント③ 営業時間は、夕方5時頃から6時30分頃の1時間半位です。


とにかく、お客さんが多く、売り切れになる日がほとんどだと思います。


(つづく)







[PR]

by style-zero | 2016-09-27 17:30 | Comments(0)

何のお店かわかりますか?   

b0186569_18370002.jpg


何を売っているお店でしょうか?

因みに

b0186569_18370165.jpg


お店の名前、その他の看板など

一切ありません。


いつもこの時間は行列が出来ていますが、

今日はなんと一人だけ。


(つづく)








[PR]

by style-zero | 2016-09-21 18:33 | Comments(2)

2016 お盆   

みなさん、

お盆はどこかに出掛けましたか?

旅行とか、

実家の墓参りとか。


b0186569_04130713.jpg

(2016 1月 撮影)


松山最大の観光地『道後温泉』も

連日観光客で賑わっていたそうです。


空港などで久しぶりに帰省する孫たちを出迎える

おじいちゃん、おばあちゃんの幸せそうな顔、顔、顔。

もういつ天国へ行っても悔いはない、

そのくらいの勢いを感じます。



数日後には涙のお別れとなるのでしょうが。

日本のお盆の風景もなかなか味わい深いものがありますねぇ。



僕はといえば、

お盆前より思わぬ仕事に巻き込まれてしまい

ほぼ軟禁状態。

どこへも行かず仕舞いでした。トホホ・・・。

(でもいいんです。あと1週間もすれば解放されますから。9月になればゆっくり旅に出るぞ〜)


ところで

以前、島根県にお住まいの方が四国をご旅行された際、

『四国は平地がなく、急峻な山々が海まで迫ってきている。その狭い空間を車や電車が走っている』との感想を述べられたことがありました。


b0186569_04130730.jpg

(予讃線 箕浦駅付近)

たぶんこんなイメージでしょうか。



僕にとっては見慣れた風景ですが、

言われてみればその通り。

松山から予讃線の上り電車に乗り、

高松方面に進んで行きますと、

確かに愛媛県内では、

おっしゃる通り急峻な山々が迫ってきているように感じます。

(実際、西日本の最高峰石鎚山もすぐ近くに見えますし。)


しかし、

写真の予讃線箕浦駅を過ぎた辺りから

電車は徐々に讃岐平野の中へ。



それまでの山々が迫った厳しい雰囲気が一転、

田んぼやため池がある

のんびりとした田舎の風景に変わります。


一粒で2度おいしい予讃線

次にご旅行にいらっしゃったときには

このあたりもお楽しみください。









[PR]

by style-zero | 2016-08-19 03:26 | Comments(0)

時刻表と、地図帳と、ビートルズと   

『時刻表は読みものです。』と公言なさる鉄道マニアのタレントさんがよくいらっしゃいます。


僕にもどちらかと言えばその傾向があります。


(旧国鉄職員の父をもつ我が家で、幼い頃から『ダイヤ』と言えば指輪ではなく、この時刻表のことを指します。当然今も。)



したがって、いつの間にか知らず知らずに『時刻表は読みもの』になっていたわけですが、

『地図帳』も同様に僕にとっては完全なる『読みもの』なのです。



先日、妻の実家の掃除を手伝いに行ったとき、

古い地図帳がひとつ出てきました。
b0186569_16451862.jpg


『社会科 中学生の地図 』 日本書院 定価251円

妻の兄が中学生時代に使っていたものです。


ちょうど50年前に出版されたもの。


わくわくしないはずがありません。



沖縄県については

地図上は『沖縄島』との表記ですが、

巻末にある統計資料(人口)では
b0186569_16451879.jpg


なんと『琉球』との表記。

まだ返還前のことですね。

欄外には『琉球政府駐日代表事務所調べ』とありました。


50年という時間

長いようで短い、短いようで長い。



そう言えば、

先月NHKBSなどで

ビートルズ来日50周年の特集番組が度々放送されていました。


計算上、僕は当時小学校の低学年ではないかと思いますが、

その頃の空気や雰囲気を感じとるような

研ぎ澄まされた感性があるはずもなく

覚えてもいないし、想像すら出来ません。



当然ビートルズの音楽もリアルタイムではありません。



50年経った今でも

多くの人々がその熱狂をつい昨日のことのように語り出す。

そんな人たちのことが羨ましくて羨ましくて。



あの時代は、いったいどんな時代だったのだろう?



人から聞く”耳学問”、頭デッカチになる知識以外に

それを知る術はないけれど、



当時の地図帳をながめると

何と無く、その頃の空気を感じるような気がします。










[PR]

by style-zero | 2016-08-06 18:00 | Comments(0)