没頭できる幸せ   

b0186569_3251460.jpg

KAKIのウッドワーキングの巻末写真を見ながら
寸法を割り出し、試行錯誤しながら作ったあの頃。
もう20年近く前になる。
道具も揃ってなかったけど、工夫すればできるもの。

朝8時に作業を始め、ふと気がつくと夕方の6時、
なんてことがしょっちゅう。

おなかが空くのも忘れるくらい没頭していた。
まるで子供みたいだけど、ホント楽しかったなあ。

中を5段に仕切っただけの食器棚。とても使い勝手がよかった。
今は手元にないが、一番重宝した家具。
W950ミリ×T1850ミリ×D450ミリ
[PR]

by style-zero | 2009-07-29 03:34 | 家具 | Comments(2)

Commented by Imagine-Master at 2009-07-29 05:47 x
私は写真を撮ったり、暗室作業をしているときに、
時間を忘れることができます。
Commented by style-zero at 2009-07-30 05:42
こんなことをたびたび経験していると、
時間の流れる速さは一定ではないと感じます。

<< 今年もそろそろ・・・ 不思議なこと >>