タンザニア ンゴロンゴロ AA++  ~ 緊急事態発生!!   

b0186569_20245575.jpg


いつも通りに焙煎開始。
開始10分、1ハゼスタート。ここまでは順調そのもの。
ところがその30秒後、緊急事態発生。



あまりの暑さのためか、火災報知器が感知してしまい、マンションに警報が鳴り響く。
数分後、警備会社も来るわで、大騒ぎ。

こんなこと、焙煎をはじめて17年、初めての出来事である。

僕のような手網焙煎の場合、当然ダンパーの設備がない。
また、家庭用コンロの弱点である火力不足を補うために、いろいろな工夫が必要になる。

その第一は、外気が入らぬ様すべての窓を閉め切ること。
そして、できるだけコンロの周りを熱く保つこと。

この季節は、とても厳しい環境となるが、それもこれも美味しいコーヒーをつくるため。



しかし、このような事態を引き起こしてしまったからには、今後何らかの対策が必要となる。

さて、どうしようか・・・・。。
[PR]

by style-zero | 2010-09-13 20:47 | 珈琲 | Comments(4)

Commented by Imagine-Master at 2010-09-13 22:22 x
以前は料理中にもよく鳴りました。
でも、火災報知器を新しくしてから鳴らなくなりました。
Commented by style-zero at 2010-09-15 21:29
我が家は築18年のマンション。そろそろ火災報知機も取替時期かな。
とりあえず、次回は換気扇を回してみます。
Commented by hiepapa at 2010-09-21 19:12 x
凄く徹底してやってらっしゃるんですね、
どうも冷気(外気)入らないようにって。目に見えないことなのでおろそかにしてましたが、私も注意してやっていこうと思います。
それにしても、警備の人がくるなんて驚きましたね。
Commented by style-zero at 2010-09-22 07:39
いえいえ、けっして徹底してやっているわけではありません。
温度も、時間も、いつも『テキトー焙煎』です。
管理人さんが不在のときは、警備会社に直結しておりまして、
対応は速い!というのがわかりました。

<< 明日から・・・ 古着Tシャツ  そもそも >>