『ルビー・スパークス』  松山映画祭  vol.3   

b0186569_22281659.jpg


ちょうど1週間前、


松山映画祭  『ルビー・スパークス』  を観てきた。


去年公開されたアメリカ映画。





天才小説家と言われた若者がスランプに陥る。

そんなある日、彼は通っている精神科医の勧めで、夢に現れた女性をヒロインにした小説を書き始める。

すると、突如その小説のヒロイン「ルビー・スパークス」が現実世界に現れる、というストーリー。





単なるラブコメディーかと思いきや、


いや、人間の姿を描いた、なかなか芯のある映画でしたよ。





それよりも何よりも、


ヒロインのルビースパークスを演じた『ゾーイ・カザン』という若い女優さん、


なんと、脚本・製作総指揮も務めている。


あの、かわいらしい女優さんがねえ。



また、主役の小説家を演じた『ポール・ダノ』という若い俳優さんと、『ゾーイ・カザン』とは


実生活でも長年のカップルだそうである。



才能のある人はすごいなあ。
[PR]

by style-zero | 2013-12-07 22:40 | Comments(0)

<< 試写会『永遠の0』  松山映画... 2014年版 手作り手帳 St... >>