柑橘 かんきつ   

b0186569_2363573.jpg


吾輩は柑橘(かんきつ)である。

名前はまだない。



そう、これは現在開発中の柑橘だそうです。




ここ愛媛は・・・、

(と言っても、大半の方は位置関係がわからないと思いますが・・・。
四国を時計に見立てると、9時~12時の位置にあります。)



ここ愛媛は、みかん王国と言われますが、

実は、みかん(温州ミカン)の生産量は和歌山県に次いで全国第2位。

みかん等を総称した『かんきつ類』の生産が、全国1位だそうです。



この時期、えひめのどの家庭にも、

近所からいただいた“みかん”があふれています。

いわゆる、製品にならなかった“クズみかん”ですけど、

ときどき、ものすごく美味しいのにあたります。




実は我が家も、

みかんの生産や流通にたずさわる知り合いの方から、みかんなどの柑橘類をいただきます。

したがって、前出の開発中の柑橘類も食することができるわけです。



現時点で、柑橘類の王者の地位に君臨しているのがこれでしょう。

b0186569_23254490.jpg


そう、『紅まどんな』です。


1個、500円 ~ 1000円位する超高級品です。


まるでゼリーのような触感で、たいへん上品な味。




単に甘いだけでは“上品”とは言えません。

甘さと酸味がバランスよく、お互いを引き立てあっている。

これこそが気品を感じさせるポイントのような気がします。





おっと、これはコーヒーにも言えますねえ。



甘いだけでもダメですし、すっぱいだけでもダメ。もちろん苦いだけでも…。

バランスよく、お互いがお互いを引き立てあう…、

そんな謙虚な珈琲を作りたい!!!
[PR]

by style-zero | 2014-01-15 23:33 | Comments(2)

Commented by ドキドキ感 at 2014-01-20 20:25 x
こんにちは

私もはいめて紅まどんな食べた時は衝撃でした
ゼリーかと思ったというのよくわかります

新品種の味が気になります 
Commented by style-zero at 2014-01-21 21:54
柑橘類は数あれど、
この紅まどんなの美味しさは、他と一線を画するものがあります。
ちなみに、新品種は味も食感も開発途上でした。

<< 2014年版 手作り手帳 St... 初日の出 2014 >>