オイルバケッタレザーのショルダーバッグ   

b0186569_20493258.jpg


自然なシボが魅力のオイルバケッタレザー(ヌメ革)のショルダーバッグ。


もうずいぶん前に革は切出していたのだけれど、

なんだかんだで、1年くらい寝かしたままの状態だった。



まずは、自分の頭の中にあるイメージを試作したのだけれど、

技術、デザインどちらをとっても失敗作。

また、使ってみないとわからない修正個所も発見。

すなわち、頭の中のイメージと実物に、大きな開きがあったわけである。

b0186569_2058428.jpg



でも・・・・・・、

この試作品を作ることで、数多くの修正点を見つけることができる。


そう、失敗はないのである。


『失敗は成功のもと』と言うか、これは完成に向けての有益なひとつのステップである。







と、頭ではわかっていても・・・・・・、なんだかなあ。


総手縫いで、これに費やした『時間と手間を返してくれ~』と叫びたい。
[PR]

by style-zero | 2014-02-16 21:05 | Comments(4)

Commented by ip2005 at 2014-02-16 23:21
外から見ると、カッコええですけどねー…
Commented by style-zero at 2014-02-17 20:27
ありがとうございます。
最終の完成型ができても、たぶん外観はほとんど変わらないと思います。作った人間にしかわからない失敗です。
Commented by まさぶ at 2014-02-20 20:42 x
ご本人が言うほど、悪くないですよ……
と思ったら、すでにコメントに「作った人間にしかわからない失敗です」とありました。
「あくなき挑戦が成長につながる」という言葉を思い出しました!
Commented by style-zero at 2014-02-23 21:38
"あくなき挑戦”には程遠いいい加減さです。
試作品ということもあったのですが、気合がはいらず、なんとなく出来上がった感じです。自業自得と言いましょうか、これも良い経験でした。

<< 久々の広島 2014年版 手作り手帳 St... >>