The water is wide   

NHKの朝ドラ、観てますか?



今は『マッサン』、その前は『花子とアン』、

この二つのドラマに共通点があることをご存知でしょうか?



NETでも見かける話題ですのでご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、



答えは・・・、

どちらのドラマも挿入歌として『The water is wide』という曲が使われています。



『マッサン』では、故郷を思い出すシーンでのエリーの歌声、

『花子とアン』では、花子が修和女学校での生活に悩んでいるとき、窓越しに聞こえてくるスコット先生の歌声。

哀愁漂うシーンで歌われたスコットランド民謡です。

この曲を知ったのは確か高校生の頃だと思いますが、ずっとアイルランド民謡だと思っていました。




その影響で、この御方が今話題になっているようです。





でも、往年のロック少年にとっては同じ曲でもこちらでしょう。

カーラ・ボノフの 『The water is wide』

何せ世界を席巻したウエストコーストサウンドを担う一人、とっても流行ったように記憶しています。





しか~し、同じ曲でも僕が好きだったのはコチラ↓
城田じゅんじ&坂庭省悟『海原(The water is wide)』


おそらく訳詞は高石ともや氏でしょう。

アイリッシュギター と ハイトーンボイス、

僕には、こちらの『the water is wide』の方が心に響いてきます。
[PR]

by style-zero | 2015-01-27 19:43 | Comments(2)

Commented by ip2005 at 2015-02-25 21:26
マッサン見てます、ビデオで語彙録画(キーワードはマッサン)してるのです、時々この方、クミコさんが録画されているのでわからなかったのですが、今やっとわかりました…(笑)
Commented by style-zero at 2015-02-27 15:05
もう10年以上前の話ですが、余市のニッカウイスキーの蒸溜所で、試飲にもかかわらずかなり飲んだことを思い出します。

<< 迷い Spingle move か... >>