久々の革ネタです。   

ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、

久しぶりに革モノを作ろうと思っています。




自分のメモによりますと、

この1~2年、革表紙の手帳などの小物は作ってきましたが、

本格的な革モノ製作はまったく手付かずの状態でした。

まあ、様々な要因が重なったので仕方なかったのですけどね。



この度、ある事情から(事情は完成後にお知らせします)

どうしても作りたくなって、ようやく重い腰を上げることにしました。



今回入荷した革が、これまたかっこいいのですよ、いやホントに。

畳よりも大きいヌメ革ですので、写真は2枚に分けて…。

(お尻側)
b0186569_14034100.jpg

ワイルドな焼印もあります。

(首側)
b0186569_13491054.jpg





これで、ランチバッグよりもちょっと大きめのトートバッグを作ろうと思います。




こんな感じの自然なシボ(しわ)がとても素敵です!

b0186569_1352398.jpg






なめらかなオイル感、カジュアル感、品を感じさせるツヤ感、

どれをとってもたまらなく魅力的な革です。




どんなバッグができるか、たのしみ、たのしみ。
[PR]

by style-zero | 2015-02-17 19:00 | Comments(0)

<< 一枚革のトートバッグ - ラン... 迷い >>