style-zero(スタイル ゼロ) とは   

ずいぶん前にも一度投稿しましたけど、

もう一度

なぜstyle-zero(スタイル ゼロ)なのかを、ご説明しましょう。
b0186569_10195629.jpg

昔々から、憧れていたギター〝Gibson style-O〟

100年前くらいに製作されたギターですが

このブログを始めるにあたり

これから名前を拝借しました。


こんな凄いギターを手にしたことはありませんが、

いまだにあこがれのギターであることに変わりはありません。



正式にはstyle-O(スタイル オー)と言いますが、

まぁ、なんとなくゼロの方が収まりが良いかと思い

style-zeroとしました。





しかし本当のことを言いますと、

当初は

〝style-you(スタイル ユー)〟とするつもりでした。

〝Gibson style U〟というギターがありまして
(こちらも100年前くらいに作られたもの)



このギターの存在を知ったのが

学生時代に兄の影響を受けて聴きまくった

The Band  1978年の3枚組のアルバム

〝THE LAST WALTZ〟
b0186569_11233366.jpg
今でも最高のアルバムだと思っています。



このアルバムのオープニングとラストで

ロビー ロバートソンが弾いているギターが

この〝Gibson style U〟
b0186569_11321099.jpg

ほんとうにほれぼれする

カッコいいハープギターです。

動画がありましたのでご覧ください。




ついでにもうひとつ、
同じアルバムにある  名曲〝The Weight〟



いまだにこの曲を聴くとココロとカラダが反応します。




それにしても、このThe  Band

演奏しているメンバー5人の内、

3名がお亡くなりになっています。

存命は、ロビーロバートソン と ガース ハドソン の

二人のみ。



つらいけど時代の移り変わりを感じるなあ。









[PR]

by style-zero | 2018-09-04 12:00 | Comments(6)

Commented by mai at 2018-09-07 21:36 x
staple singers、ほんまにかっこええよなー!!
久々にきいて、またしびれました。
Commented by style-zero at 2018-09-08 12:52
今の世の中、ザ・ステイプル・シンガーズを知っている人はどのくらいいるだろう。こんなにすばらしい音楽が昔はいっぱいあった。
Commented at 2018-09-11 13:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by style-zero at 2018-09-12 10:20
Y様、
コメントありがとうございます。
ご本人に確認しましたところ、①個展、イベントはしていない、②作品(本)の在庫はない、とのことでした。

ただし、松山商工会議所の毎月の会報イラスト、松山商工会議所のカレンダーのイラストを描いてまして、これらについては、松山駅前にある商工会議所でもらえるようです。
ご不明な点がありましたら、またお問い合わせください。
Commented by 山本 at 2018-09-12 11:22 x
お返事ありがとうございました。そうでしたか、残念。
松山商工会議所の毎月の会報が会社に届き、それを切り抜いていつも素敵だなぁ~と思っていました。カレンダー(?)って松山商工会議所で販売されているのかなぁ?聞いてみます。ありがとうございました。
Commented by style-zero at 2018-09-12 14:26
Y様、
何度もすみません。ひとつご提案があるのですが、もしよろしければ非公開コメントでメールアドレスを教えていただけませんか。(無理にというわけではないので、ご不要なら無視していただいてかまいません)

<< 花へんろ特別編 『春子の人形』 お気に入り ブラジル ブル... >>