ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス   

b0186569_13042925.jpg

あの感動から18年

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』は、1999年にギタリストの(なんていう肩書きにはとても収まりきらない人だけど・・)ライ クーダーがプロデュースしたアルバム。

1950年代、キューバ国内で人気を博したが、今は埋もれてしまったキューバの大物老ミュージシャン達を探し出し、再びスポットライトを浴びさせた。このアルバムが大ヒットし、これを元に彼らとの演奏を中心に、キューバの日常を描いたドキュメンタリー映画が作られた。(日本では2000年に上映された)




8弦のギターを弾いているボーカルのおじいちゃんがコンパイ セグンド。この時点で90歳を超えている。

ハンチングの黒人のおじいちゃんがイブライム フェレール。ライ クーダーに発掘されたときには、歌うのをあきらめ、靴磨きをしていた。

老いても軽やかにピアノを弾くルベーン・ゴンザレス

歌姫オマーラ ポルトウンド。

これらの人たちが最後にはカーネギーホールに集結し演奏した。涙が止まらなかった。

数年後に再上映されたときも含め、計3回観た。

長年にわたりラテン音楽やアフリカ音楽とフュージョンされたキューバ音楽は、西洋音楽では味わえないこの国ならではのもの。


今はもう多くのメンバーが亡くなっているが、


この続編が上映される。

東京では7月に上映されたようだけど、

今月末にようやく、いよいよ松山(@シネマサンシャイン大街道)でも!


ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス

http://gaga.ne.jp/buenavista-adios/





[PR]

by style-zero | 2018-09-12 17:00 | Comments(0)

<< 映画 『コーヒーが冷めないうちに』 花へんろ特別編 『春子の人形』 >>